a

レンズの汚れについて

レンズの汚れについてDirt of the lens

瞳の健康に関わるレンズの汚れも原因と落とし方がわかれば大丈夫!

コンタクトレンズを装用していると、どうしてもレンズに汚れがついてしまいます。
でも、汚れのメカニズムを知って、きちんと消毒をするなど正しいケアをすればクリアな視界、
快適なコンタクトライフを送ることができます。



初めての方へ

コンタクトレンズの事

まずは汚れを知ろう!

汚れには対外からと体内からの2種類

体外の汚れ

汗、ほこり、化粧品、タバコのけむり、またレンズに触れる指先に付いている汚れなどがあります。さらに、カビや細菌などの「雑菌」は、消毒が必要とされる汚れです。

体内の汚れ

体内からの分泌物に含まれるタンパク質や脂質、カルシウムなどの汚れは、それぞれの成分が複雑にまじり合っていて、涙を通してレンズの表側にも裏側にも簡単に付着してしまいます。特にソフトコンタクトレンズは水分を含む素材でできているため、体内外の汚れが付着しやすく、そのままにしておくと、外から付着した雑菌が繁殖し、感染症などの重い目のトラブルの原因になることもあります。

体内の汚れが様々なトラブルの原因に。

タンパク質の汚れ

体の中からくる汚れの一種であるタンパク質は、もともと目に悪いものではありませんが、コンタクトレンズを使っている間に空気に触れて酸化したり、乾燥によって固着したり、紫外線や体温の影響で「変性タンパク質」に変化していきます。この「変性タンパク質」は、装用感を悪くしたり、レンズをくもらせるだけでなく、放っておくと角膜(黒目の部分)を傷つけたり、アレルギー性の結膜炎を引き起こす原因になることもあります。

脂質の汚れ

油分を含んだ汚れのことで、体内からの分泌物に含まれる脂質と、外から付着してきた化粧品などの油分が混じり合い、レンズの表と裏の表面に薄い膜を張るような状態で付着します。これは、視界のくもりや装用感の悪化などの原因になります。

カルシウムの汚れ

涙の中の塩分に含まれている小さな固い部分で、他の汚れの成分と混じってレンズに付着します。カルシウムがレンズに固着するときれいに落とすことは難しく、無理に取ろうとするとレンズの表面に小さな穴が開いてしまい、レンズが使えなくなることもあります。

消毒で雑菌を落とす!

瞳の健康の為に、消毒が書かせますん。

ソフトコンタクトンズは素材に水分を含んでいるため、レンズに付着した雑菌が繁殖しやすく、感染症などの重い目のトラブルの原因になることがあります。感染症の原因となる雑菌の種類には、細菌やカビなどがあり、その他にも繁殖すると特に重い障害を引き起こし、最悪の場合失明にも至ることのあるアカントアメーバなどがあります。

雑菌のトラブルから目を守るためには、コンタクトレンズの消毒が必要です。こすり洗いできちんとレンズケアを行った後、レンズケースの中で決められた時間保存しておくだけで消毒が完了します。

マウスオーバーすると症例をカラーで見ることができます。
流行性角結膜炎

体の中からくる汚れの一種であるタンパク質は、もともと目に悪いものではありませんが、コンタクトレンズを使っている間に空気に触れて酸化したり、乾燥によって固着したり、紫外線や体温の影響で「変性タンパク質」に変化していきます。この「変性タンパク質」は、装用感を悪くしたり、レンズをくもらせるだけでなく、放っておくと角膜(黒目の部分)を傷つけたり、アレルギー性の結膜炎を引き起こす原因になることもあります。

巨大乳頭結膜炎

上まぶたの裏側にぶつぶつ(乳頭)ができる症状です。アレルギーの一種で、コンタクトレンズについた汚れ、特に変質したタンパク質の汚れに反応するケースが多いようです。

角膜潰瘍

角膜上皮の障害から、菌類(細菌やカビ)が入りこんで感染を起こします。角膜が白く濁って、角膜穿孔をおこすこともあります。治った後も視力に影響を残すことが少なくありません。

レンズケースを清潔にすることも忘れずに。

コンタクトレンズの大敵である汚れや雑菌は、レンズケースにも潜んでいます。せっかくレンズケアを行っても、保存しておくレンズケースが不衛生な状態だと、レンズに再び雑菌が付くこともあり、意味がありません。また、レンズケースに何日も古い保存液を入れっぱなしにしておいたり、水分が残った湿った状態にしておくと、雑菌が繁殖してしまうことがあります。定期的に新しいレンズケースに交換しましょう。

店舗紹介

池袋店 上野店 渋谷店 新橋店 ポンテポルタ千住店 大宮マルイ店 浦和店 アリオ川口店 ふじみ野店 川崎店 横浜店 溝の口店 ミーナ町田店 Webショップ

ページトップへ戻る